フォロワー1000までの平凡な道のり

この記事を読んでもなにも有益な情報はありませんよ。

ただ、僕がツイッターを始めたきっかけからフォロワーが1000を突破するまでの道のりを書いただけです。

なんの考えもなくつらつらと書きました。

僕に興味ある方は読んでみてください。喜びます。

ツイッターを始めたきっかけ

一冊の本との出会い

僕がツイッターを始めたきっかけ。

それは一冊の本との出会いでした。

@nishiokaissey さんの『「読む力」と「地頭力」がいっきにつく東大読書』

読書術本が好きな僕は速攻で購入しました。

この本の内容で、要約力というものが出てきました。

東大の試験には要約しなさいという問題が多くでてくるそうです。

話は飛んで、読書をツイッターでアウトプットするのが効果的と書いていました。

140文字の制限のなかで、1冊の本を表現するには、しっかり理解する必要がありますからね。

プライベートでのツイッターアカウントはありましたが、それとは別に読書アウトプット用として作ったのが今の @k_jissen のアカウントでした。

片岡将太
片岡将太

つまり、はじめは今のような情報発信しようという考えじゃなかったねんなあ。

ツイッターを始めるまでのSNS遍歴

僕の中ではツイッターが日本に来た10年ほど前(?)高校時代のブーム以来それほど興味のないSNSでした。

当時はmixiからツイッターへ人口が移り、そしてFacebookやInstagramなどと流れてきました。

僕も例外なく、なんとなくSNSを使ってたわけです。

二十歳ころからはFacebookでビジネス的な使い方をしたり、店舗コンサルのメニューにしたりしたました。

完全にFacebookが最強と思い込んでいた瞬間もありました。

広告の価格を抑えられるし、集客もできるんですよ?今でもまだすたれてません。

片岡将太
片岡将太

つまりは、ツイッターなんぞ眼中になかったわけやねん。

ツイッターの世界に魅了された

読書ように作ったアカウントのおすすめに イケハヤさん(@IHayatoが出てきました。

『まだ、東京で消耗してるの?』の著者ですね。

本は読んでませんが、タイトルは知っていました。

そして、そのオススメされるがままに、イケハヤさんツイッターやブログを見てみるながれに。

すると、そこにはイキイキと情報発信してる人がたくさんいました。

印象的にはFacebookより若者がおおく、ユーモラスな世界でした。

ブロガー界隈と呼ばれる人を一通りフォローして、ツイッターでの情報発信おもろそうやんってなったわけです。

その時参考にした方々は、

こーせいさん( @h_0918_k )、がんそんさん( @gunson_sns )、みずかさん( @mizuka_085 )、ひつじさん( @CEOhitsujl

この辺りの人の情報発信の方法や、誰をフォローしてるのかなど勉強していきました。

片岡将太
片岡将太

ツイッターの可能性を確信したわけ。

これから個人の時代になるのは店舗経営してても感覚で感じてたしガチることに決めた。

 

スタートラインのフォロワー100

まずは3桁乗せないと意味がないと確信。

ちょっとしたチート使って3日で1000人ほどフォローした。

そして、フォロバで100越えた時に全員フォロー外した。

この頃はツイッターの本質を全く理解できてなかったけど、結果この初めの100人のフォロワーが呼び水となって、順調なスタートダッシュがきれた。

この時迷惑かけた方々には申し訳ない気持ちがたくさんです。が、、これも戦略の1つなんやと理解ください。

片岡将太
片岡将太

フォロバで増やすって意味ないやん。

そう思われるかもやけど、始めは100人って数字に執着して考えた結果の行動やねんな。

そのあとはしっかり、ギブに努めるかったんになりましたとさ。

オンラインサロンってやつに入った

ここ数年、情報としてはしっていた「オンラインサロン」てやつが、どうもツイッター界隈では盛り上がってるんやなと感じました。

手始めに、有名所のキンコン西野さん @nishinoakihiro 「西野亮廣エンタメ研究所」に入ってみた。

規模がすごい。これが率直な感想です。

毎日の西野さんの記事を読む+交流もできるって感じですね。

活発に動いてる所ではそこで商売も成り立ってたりするから、カルチャーショックでした。

 

その次に、やたら盛り上がってた「脱社畜サロン」に入りました。

色々と炎上劇がありましたが、僕の入ったころはとても盛り上がってました。

その中で、「ツイッター攻略部」なるものがあり、そこで様々な知識を吸い込んでは実践の毎日を過ごしました。

部長のやまゆうさん( @yamayued )には色々とテクニックやマインドを学ばせてもらいました。

ちなみに、やまゆうさんは1日30ツイートを愚直に実践し、現時点で約4000名の方にフォローされています。

 

それと同時に12月からはこーせいさん( @h_0918_k )率いる「ガチサロン」に参加。

20代限定の発信力をつけるためのサロンです。詳細はこちら

ここでは、ツイッター攻略をはじめ、若い世代の情報発信について話し合える仲間ができました。

サロン内で積極的に発言することで、メンバーからの注目度の高まり、それがフォロワー数にも影響していきます。

片岡将太
片岡将太

他にもいくつかサロンやコミュニティに入ってん。

向き不向きもあるし、気になるならとりあえず入ればいいと思う。合わんなら1ヶ月でやめればいいだけやしね。

オンラインサロンの使い方

サロンに加入して、それをどうツイッターへ影響させたか説明します。

まず、サロンに入るだけではなんの意味もありません。

サロン内で発言する必要があります。気付きを与える発言or場を盛り上げる発言が好ましいです。

サロンオーナーとも仲良くなれます。RTやリプなどツイッターないのやりとりをすることで、インプレッションを上げる事ができます。

あとは、メンバーとの絡みから生まれる効果も大きいです。

サロンメンバーには積極的にツイッターないでも絡む事をお勧めします。

もちろん、仲良しこよしのやりとりでフォロワーは増えません。

ギブの精神、絡む相手ので周りにも響くような絡み方をしていきましょう。

片岡将太
片岡将太

サロン内で目立とう。ほんで、ツイッターでもその繋がりから広げていくって感じやわな。

コンサルを受けて飛躍した

時系列が少しずれますが、ツイッターコンサルなるものを受けました。

GさんとKさんの2名からです。

分からない事は人に学ぶのが一番だという思考なので、ツイッターコンサルなるものを受けました。

初期の時点で一気に加速装置を手に入れると、その先が楽になる事は他のジャンルでも同じことが言えます。

Gさんのコンサル

Gさんのコンサルは本当の初期段階で受けました。

当時まだ200フォロワーもいなかったと思います。

コンサル内容はツイッターの基礎から、発信方向を一緒に探っていく感じでした。

その中でもプロフの組み方は大きく勉強させてもらいました。

1回目のコンサル後にプロフを変え、その時点でフォロワーの増加速度が一気に早くなりました。

プロフはアカウントの看板だという認識になり、プロフを徹底的に勉強しました。

余談ですが、現在では120名以上のプロフ添削を手掛ける様になりました。

話を戻ります。

プロフ以外はどういう発信をしていくべきか。

それまでは、店舗コンサルと同じターゲットを狙って発信していました。

ツイッターの住人の色などを考えて、「超楽観主義の経営者」というスタンスで発信するようになりました。

Gさんのコンサルから1ヶ月と少しで、フォロワー1000人を突破しました。

Kさんのコンサル

Kさんのコンサルは2019年の正月から始まりました。

その時点で約700のフォロワーがいました。

Kさんのコンサル開始から2週間で1000人突破しました。

Kさんのコンサルでは、ツイートの方法を徹底的に叩き込まれました。

インプレッションを高くするツイートです。

ターゲットに突き刺すようにするにはどうすべきかをしっかり学べました。

毎日ツイート添削をしてもらい、年明けから僕のツイートを見てもらうと日に日に研ぎ澄まされていく経緯が見られます。

その他には、企画の打ち方などの学ばせてもらいました。

片岡将太
片岡将太

なんでそやけど、コンサルは受けるべき。

知らない業界に参入する時ははやく全体を把握することが大事。

コンサルする側として、盗める技術もあるし一石二鳥やん。

 

基本的なテクニック

そろそろ具体的なテクニックお話しましょう。

これが読みたかったんですよね。お待たせしました。

プロフィールを徹底的に作り込む

プロフィールはアカウントの看板です。

「ヘッダー、アイコン、プロフィール、固定ツイ」これらは確実に作り込みましょう。

ヘッダーは全体の雰囲気を作り出します。あなたのイメージを表現できるものにしましょう。余裕があるなら外注するのもオススメです。

僕は、ケツ叩き→先生→教室という連想で自作で黒板風ヘッダーを作りました。

 

アイコンは顔出しが好ましい。顔出しじゃなくて、イラストでもいいですけど、その際はキャラ設定を徹底的に行いましょう。

僕のアイコンは自分らしさを表現し、他になくTLで目立つことを考えて作りました。

余談ですが、撮影の原画を見るととてもシュールです。見せませんが。

 

プロフについては参考記事を読んでください。

 

固定ツイ含め始めの3つはオリジナルもしくは引用RTで固めましょう。

あなたに興味をもってプロフまで来た人がTLを見て他人のRTで埋まっていたらどう思いますか?

フォローしませんよね。だから、固定を含め4つのツイートはいつでもあなたのアイコンが見える、あなたの発言で固めておきましょう。

インフルエンサーに絡む

とにかくインフルエンサーに絡みましょう。

フォロワー数が少ない時は、まずより多くの人にツイートを見てもらう事を考えましょう。

ツイートを見てもらわない事にはあなたの存在はないも等しいのです。

インフルエンサーと言われるフォロワーが1万人以上の人のツイートを引用RTしたり、リプをしたり、メンションを飛ばすなどします。

また、ナノインフルエンサーと呼ばれるフォロワー3000~5000人ほどの方々はリプを返してくれうる確率はインフルエンサーより高くなります。引用RTに関しても同じです。

関われるナノインフルエンサーと仲良くなるというのも一つのテクニックです。

インフルエンサーにしても、ナノインフルエンサーにしても下心満載で絡みに行ってはダメです、効果ありません。

あなたが信用できる、好きだと思える人に絡みにいきましょう。

ツイッターを楽しむという気持ちを忘れないでください。

サロンに入る

前述しましたが、オンラインサロンに入ることは確実にツイッターにもプラスになります。

やはり、同じコミュニティーのメンバーってだけでも仲間意識が芽生えるものです。

それに加えて、サロン内で目立てばより一層効果が期待されます。

日々の発言、コンテンツの提供、オフ会の設定など色々活躍できる場はあります。

実績や、経験なんて気にせず実践していきましょう。

企画をする

「フォロワー〇〇人突企画」のようなツイート見たことねいですか?

企画をして、フォローしてもらい参加者にメリットを与えるというものです。

フォロワーが少なすぎると拡散されません。逆に多くなりすぎると全員対象とかやってしまったときには収集が付きません。

オススメとしては200~700人くらいは企画で増やしていけばいいです。

もちろん、企画も考えて打つべきです。

自分がターゲットとしている層にメリットのある企画を考えましょう。そうすることで、企画後にフォローを外されることも少なくなります。

紹介や固定ツイをRTなどは、受け口は広いですが、あなたに興味のない方まで参加します。そのため、企画後フォロー外されることが多くなります。


 

まあテクニックは上の記事と同じです。愚直にこれらを実践すると伸びていきます。

片岡将太
片岡将太

テクニックは最初しっかり学んで実践すれば確実に伸びるで。

知らんと消耗してたら本当に勿体無い。時短しよやー。

目的を持って運営しよう

ツイッターをなぜ運営していますか?

その答えが明確じゃないと、あなたのアカウントは伸びません。

目的が明確でないと発信がブレるので、誰にも刺さらないアカウントになります。

コミュニケーション重視なら、コミュニケーション重視の運営方法がありますし、マネタイズに繋げたいならそれなりの方法があります。

目的を明確にしてツイッターを運営していきましょう。

フォロワー1000突破してから

2019年1月18日に1000人を突破しました。

ツイッターを初めてちょうど2ヶ月です。

1000人を突破して変わったのが、リアクションの数ですね。

リプや引用RTをよくしてもらえるようになりました。

初めの頃って全くと言っていいほどないじゃないですか?

これが余計、続けるモチベーションになっています。

だから、まず1000人までは必死に数を追いかけることを勧めています。

 

間違っても、フォロバで1000人とか、フォロワー買うなんてしてはいけません。

あなたのツイートを楽しみにしてくれる人を多く集めましょう。

無反応の1000人より、反応ある30人の方を大切にしましょう。

フォロワーが1000人超えてくると反応率が本当に変わります。

それまで続けることをお勧めします。

片岡将太
片岡将太

この1000人ってのもあくまで目安な。数字が全てじゃない。

でも、まずは4桁に載せる、その気持ちで頑張ってほしい。

結局は人間力

ツイッター初めて、有益と呼ばれる情報をメインに発信してました。

でも、それだけではやはり頭打ちします。

結局は人間力がないと伸び悩むんですよね。

伸びてる人を研究すると、やはりええ塩梅で有益ツイートと人間味をだすツイートを使い分けています。

初めは、ターゲットに向けてしっかり情報発信して伸ばす。これは鉄則です。

影響力のない人間がフォローされるには、為になる情報を流してるorめっちゃおもろいのどちらかが必要です。

僕は、情報発信に徹しました。

そして、1000人を超えてから少しずつ人間味を出してます。

そうすることで、絡んでくれる人も増えました。

有益ツイートばかりじゃフォロワーさんも疲れるし、その人たちは情報をフォローしてるのであって僕をフォローしてるわけじゃないんのです。

少しずつ、僕自身のファンになってもらう為に、人間味をじわじわ出していくのが今のフェーズです。

片岡将太
片岡将太

僕の発信する情報が好きな人に、僕自身も好きになってもらう。

それが、1000からの課題やねんな。自分らしさ表現していこう。

 

オフに繋げるのがツイッターのいいところ

結局ツイッターだけで繋がってる人はアカウントがなにかの拍子で凍結でもされると終わりです。

ツイッターで会いたいと思う人がいたらオフラインの出会いに持っいきましょう。

僕も関西オフ会というものに参加しました。

最初はSNSで会うって違和感と恐怖がありましたが、発信している内容などで信用できるかどうかはある程度見えてきます。

結果、とても楽しかったです。情報発信している人はそれぞれ自分の考えを持っていていい刺激がもらえます。

また、サロンメンバーにも大阪の人がいて会う機会もありました。

今時の出会い方ですが、これも一つの縁ですね。

自分の影響力が大きくなるほど、会いたい人に会える確率はどんどんあがります。

それなりの著名な企業の方や、タレントに会う事も不可能ではないでしょう。

片岡将太
片岡将太

結局は対面で会って初めて出会いって感じやな。

不思議な感覚やけど、こういうのもオモロいところ。

もちろん、むやみやたらに会うのは危険もあるからやめとこう。自分が信用できて、会いたいと思う人に会いに行こう。

まとめ

これからの時代、個人が影響力を持てば有利に運べるようになります。その中でもSNSは地理関係なしに構築できるブランディングです。やらない手はありません。

多くの人は脱落していくので、続けるだけでもそれなりに目立てるようになります。

フォロワー数だけが全てはありません。ファンの数が肝心です。

僕もまだ、初めて2ヶ月と数週間です。多くの人とつながれるように継続していきます。

 

これまで伸ばしてきたテクニックはまた別の機会に書くことにします。